薬物療法(やくぶつりょうほう)

薬物療法とは、薬を投与することによる治療法の総称である。

傾向と対策

薬物療法を行っている患者への看護のポイントについて、まとめてみよう!

よくわかる解説

薬物療法は、患者に薬を投与することで治療することの総称。

様々な疾患に対して、様々な薬が使用され、日々治療に役立てられている。疾患によって扱われる薬剤やその投与方法、効果や合併症なども様々である。

いくつか例を挙げる。
肺炎では原因療法や対症療法で、抗生剤や抗菌剤などの薬物療法を用いる。
脳梗塞の急性期では、血栓溶解・脳保護・抗血小板薬・抗凝固の4つの薬物療法が用いられる。
統合失調症でも急性期では薬物療法メイン、慢性期では心理社会的療法と併せた治療が行われる。

癌に対する薬物療法は、大きく分けて3つある。

化学療法(細胞障害性抗がん薬)】:細胞の増殖を邪魔し癌細胞を攻撃する。アレルギー反応や、吐き気や食欲低下、だるさ、口内炎、下痢、2週間以降からみられる脱毛や手足のしびれ、色素沈着や乾燥などがみられることがある。

内分泌療法(ホルモン療法)】:ホルモンを利用して増殖するタイプの癌細胞が増殖しないようにホルモンの分泌や働きを阻害する。乳がん前立腺がんなどの特定のタイプのがんでのみ使われ、副作用として、ホットフラッシュや生殖器での症状、関節や骨・筋肉での症状などが出ることがある。

【分子標的療法】がん細胞の増殖に関わる物質を標的にしてがんを攻撃する。皮膚の症状や薬剤性肺炎、下痢、肝機能障害、高血圧など様々な症状が出ることがある。


そのほか、薬を代謝する肝臓や腎臓などに副作用が出ることもあるため、血液の異常とあわせて採血などで評価する必要がある。

薬物療法における介入点として、効果が出ているかどうかはもちろん、注意すべき点がたくさんある。
その薬を苦なく飲めているか(形状や方法、味含め)、ちゃんと管理できているか(本人または家族、入院中であれば配薬なのか個人管理なのか、貼付剤なら適切な場所に適切な貼り方をしてあるか、疼痛コントロールでは麻薬も使用するためその管理は可能等)、副作用はないか(効き過ぎて起こる場合もある、初回投与であればアレルギーがないかどうか、併用禁忌薬剤もあるため注意)、薬を使用することによる弊害(肝臓や腎臓のデータなどまだ見るだけではわからないような異常など)はないかなど、多岐にわたる。

可能な限りQOLが保てるよう支持的な介入が必要であり、しっかり観察し、患者への教育や声かけや配慮はもちろん、医師への報告や薬剤師との相談、家族への教育なども行う必要がある。

アプリなら単語から問題を引けるからめちゃ便利