必修問題|看護師国家試験問題

第103回国家試験 午後4

医師の指示を受けて看護師が行うことのできる業務はどれか。

第105回国家試験 午前12

臓器の移植に関する法律における脳死の判定基準に含まれるのはどれか。

第104回国家試験 午後2

警察庁の「平成30年(2018)中における自殺の状況」の自殺者の原因・動機のうち最も多いのはどれか。【出題104回:平成30年中における自殺の状況(平成31年3月28日発表)にあわせて改変】

第108回国家試験 午前1

疾病や障害に対する二次予防はどれか

第112回国家試験 午後11

副交感神経の作用で正しいのはどれか。

第109回国家試験 午前25

平成28年(2016年)の国民生活基礎調査で、男性の有訴者の症状が最も多いのはどれか。

第108回国家試験 午後11

運動性言語中枢はどれか。

第109回国家試験 午前11

健康な成人の1回換気量はどれか。
【問題として適切であるが、必修問題としては妥当ではないため。正解した受験者については採点対象に含め、不正解の受験者については採点対象から除外する。】

第103回国家試験 午前10

成人の1日の平均尿量はどれか。

第109回国家試験 午後22

赤血球製剤の保存温度で適切なのはどれか。

第111回国家試験 午前3

シックハウス症候群に関係する物質はどれか。

第108回国家試験 午後14

浮腫の原因となるのはどれか。

第111回国家試験 午後21

転倒転落を起こすリスクを高める薬はどれか。

第105回国家試験 午後11

不随意筋はどれか。

第112回国家試験 午後19

不活動状態が持続することで生じるのはどれか。

第107回国家試験 午後4

仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)憲章が策定された年はどれか。

第105回国家試験 午前1

日本の2019年(令和元年)の生産年齢人口の構成割合に最も近いのはどれか。【出題105回:人口推計(令和元年(2019年)8月確定値にあわせて改変】

第101回国家試験 午後11

チアノーゼの際に増加しているのはどれか。

第105回国家試験 午後12

特定の抗原となる物質によって生じるアレルギー反応で引き起こされるショックはどれか。

第106回国家試験 午後3

光化学オキシダントの原因物質はどれか。