細胞外液(さいぼうがいえき)

細胞外液とは、体液のうち細胞外に存在しているもので、血漿と間質液より構成される。

傾向と対策

細胞外液の①特徴②カリウムの濃度をおさえておこう。

よくわかる解説

【①細胞外液の特徴】
細胞外液は細胞外に存在する体液で、血漿と間質液からなる。
体重に対して60%の体液のうち、うち細胞外液20%細胞内液40%である。
細胞外液ナトリウムクロールカルシウムが多く、カリウムが少ない。なお、細胞外液pHは7.4である。


【②カリウムの濃度】
Na-Kポンプでカリウムを細胞内に取り入れているため、細胞内はカリウムの濃度が高く、細胞外ではナトリウムの濃度が高い。

アプリなら単語から問題を引けるからめちゃ便利