血清鉄(けっせいてつ)

血清中に含まれる鉄分のこと。

傾向と対策

血清鉄が増減する疾患を覚えておこう!

よくわかる解説

血清鉄
血清鉄は、血液中に含まれる鉄分で、赤血球中のヘモグロビンを作る材料として機能する。

基準値の目安は、 男性で60~200μg/dL程度、女性 40~180μg/dL程度である。


【増減する疾患】
血清鉄が増加する疾患:再生不良性貧血溶血性貧血、ヘモクロマトーシス、肝硬変、アルコール過剰摂取による肝障害など。

血清鉄が減少する疾患:鉄欠乏性貧血、消化管出血など

アプリなら単語から問題を引けるからめちゃ便利