新人看護師が覚えておきたい!バイタルサインの測定と報告について。

  • ホーム
  • ブログ
  • 新人看護師が覚えておきたい!バイタルサインの測定と報告について。

【目次】

    タイトル

    nasuda

    なすだ先生

    今日は新人看護師として働き始めた、もしくは働きだす人たちのために、看護の基本「バイタルサイン」について、まとめたいと思います!

    nasuko

    なすこちゃん

    実習の時も散々やったけど、もちろん臨床でも使いますよね!嬉しいです。

    バイタルサインの測定順番について。

    バイタル測定の順番

    バイタルサインの測定

    なすだ先生

    まずは測定の順番から、必ずこれを守らないといけないってことはないよ!ポイントとしては、患者さんの状態を考えて、負担がかからないようにすることが大事!

    nasuko

    なすこちゃん

    これは実習で結構やったので覚えてます!

     

    体温測定の正常値とポイント。

    体温の正常値

    体温の正常値

    キャプション

    なすだ先生

    体温の測定は環境を整えること!やはり室温が低いところで、寒い中測定するのはダメだよね。あとは、本人の状態をなるべく通常の状態で測定するのがポイント。

    nasuko

    なすこちゃん

    なるほどですね。じゃあお風呂入った後とかもダメですね。

    脈拍の正常値とポイント。

    脈拍の正常値

    体温の正常値

    脈拍測定のポイント

    脈拍測定のポイント

    なすだ先生

    脈拍測定は、いつものリズムを知ってることが大事!患者さんによっては、不正が出るのが当たり前の人もいるんだよね。特に高齢者の場合、リズム不正を起こす人は多い。

    nasuko

    なすこちゃん

    いつもと一緒かどうかってのが大事なんですね。

    呼吸測定の正常値とポイント。

    呼吸の正常値

    呼吸数の正常値

    呼吸数測定のポイント

    呼吸数のポイント

    なすだ先生

    呼吸数の測定は、患者さんに気づかれないことが大事。臨床の看護師さんになると、体温を測りながら、とか気づかれないような工夫をすることが多い。

    nasuko

    なすこちゃん

    あと小児呼吸数も測定が難しいですよね。

    nasuda

    なすだ先生

    そうだね。もし啼泣させてしまったら、もちろん呼吸数の測定なんてできないもんね。

     

    血圧の正常値とポイント。

    血圧の正常値

    血圧測定のポイント

    血圧測定のポイント

    なすだ先生

    血圧測定の場合は、測定肢を間違えないように!

    nasuko

    なすこちゃん

    そうでした!よく言われるのが「麻痺側」「患側」「シャント側」はダメですよね。

    テキスト


     

    まずはここから!バイタルの基本を押さえておきまましょう。

    nasuko

    なすこちゃん

    うん!今回のバイタルの基本めちゃくちゃ勉強になりました!

    なすだ先生

    あとは実際に配属される病棟で、その疾患に応じたバイタルの見方が変わってくるから、臨床でしっかりと勉強していこうね!

     

    Autor執筆者紹介

    なす田先生(本名非公開)

    2010年度第100回看護師国家試験合格(正答率90%以上)

    現役看護師として働きながら、ブログを通して、現役看護学生の相談などに答えたり、国家試験対策に関する発信を行っている。ナースタ監修者として、アプリ開発にも携わる。